コラム

TAKEBE160224560I9A0437_TP_V
2017年01月19日

現代の女性のひきこもりについて、その答えは

近年女性のひきこもりが増加しています。 いままでのひきこもりの理由は99%が精神疾患、統合失調症によるものだと言われてきましたが近年では、   社会のプレッシャーに押されそにままひきこもりになる。   学力の高い大学前を卒業するも社会での失敗に活躍することができずひきこもる。   その理由は明らかとされていないようですが   本人の言葉に対する、ストレス耐性強化 SST(ソーシャルスキルトレーニング)などで本人の能力を活かした職場探し   いってみればそんな本人の本質がみれ、適切に支援することができればよいのです。   私たちと共に生活し改善してみませんか?   思いを共感し、心理療法によるメンタルケア、改善後の社会復帰支援まで行います。   そんなオールサポートを受けれるのは   こころ和みの ステイカウンセリングのみ   まずは無料カウンセリングをご利用ください。   特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398の23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:8:00~22:00

TAKEBE_akaiitogirl2_TP_V
2017年01月07日

◆福祉・心理セラピストになるなら◆ セラピストなら知っておきたい必要十分条件 

福祉の世界、心理の世界で共通するカウンセリング   カール・ロジャーズはいいました。   「今、ここで」「積極的な傾聴」「必要十分条件」   上記の態度をもっクライアントと関係を作っていきます。   その関係性の中で自分自身を探り、それを通して自己概念と一致させ不適応行動である認知し   その状態からの回復していくことができるといっている。   傾聴 積極的な傾聴態度 なんとなくではなく、細心の注意を払い・関心を持ち積極的に聴くこと   今、ここで(here and now) 過去や未来の不安な状態に目を向けるのではなく、「今、ここで」の状態に目を向けることを重視   セラピストの必要十分条件1~3 1.受容(無条件の肯定的配慮) クライエントに対して無条件で良くなることを望み、肯定的な関心を持つこと 2.共感(共感的理解) クライエントの内的照合(物事の価値観)を正確に理解し自分自身がクライアントであるかのようにともに感じあえるよう努めること。 3.純粋性(自己一致) 嘘偽りもなく、純粋に受容、共感できる状態にいること   現在対人支援をしているセラピストは理解していますか?   できていなくて当然です。   専門職は実習経験、臨床経験を得て専門家となります。   対人援助のプロになりたいと思う方は下記を読んでください。   人はどうして支援が必要となるのか   それは   人は生きていく中で必ず「ズレ」が生じるからです。   物にも同じく「ズレ」が生じます。   それを自信で調整することできなくなり、つらく感じます。   物のズレを治すのは「匠」の仕事です。   カウンセラーはそのズレがどうして辛いのか、何が原因なのか、どうして今それを感じているかを共に改善していく匠なのだと思います。   クライエントより豊富な知識を持ち、方法を知り、時には第3者の力を借り、本人を支援します。   これからの支援には必ず、必要とされる能力です。  …

JUN151101075529_TP_V
2017年01月07日

セラピスト必読!児童に対して行われる8つの原則って知っている? 

アクスラインの児童中心療法 ジグムント・フロイトが提唱した来談中心療法から影響を受けた   アクスライン   そのアクスラインが提唱した児童中心療法として   8つの原則があります。   それは   こどもの自己治癒力を最大限にいかすためのセラピストの態度   ① 温かい友好的な関係づくり ② ありのままに受容 ③ 受容的感情な態度 ④ こどもの感情を敏感に察知し、反映する ⑤ こどもの選択と責任の尊重 ⑥ 非指示的態度 ⑦ こどものペースで進行する ⑧ 必要な制限を設けること   以上の8原則をもってこどもの治癒力を最大限に生かしセラピストは取り組みます。   ソーシャルワークの原点でもあるバイスティックの7(8)原則も同じですね。   そもそも人権に年齢など関係ありません。   人権尊重し個人を尊重することでセラピストとクライアントの関係性構築されます。   対人関係の基礎ともいれる態度   支援者は必ず押さえる必要なことです。   特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398の23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:8:00~22:00

YUKA863_korekore15202501_TP_V
2016年12月26日

公認心理師ってしってます? 全国の社会福祉士、心理系カウンセラーは必読

約5年ほど前に心理系の認定カウンセラー資格を取得することができるようになり   そして今はNLP、コーチングと以降してきました   しかし、公認心理師法が施行されついに心理系の資格に国家資格が登場します。   心理系を職としている方は知っていると思いますが   すでに知っている方は不安に感じているのではないですか?   今まで認定資格を取得してきたが仕事ができなくなるのじゃないか?   など考えますよね   そして国家資格である社会福祉士   独立型社会福祉士として活動できるようになりましたね   これからの対人援助は包括的にスキルを身につけていかなければ活動できなくなりますね     私たちが教えるReborn Program は 心理カウンセリングスキルにて症状の改善、メンタルケアと 社会福祉士のスキルである対人援助の融合です。     これから公認心理師、独立型社会福祉士、心理カウンセラー   として活動されたい方に必見   いままでの心理系ではだめです   対人援助のプロになりませんか     本気で今の資格を活かしたい方   本当は心理カウンセラーになりたくて資格を取ったのになれなかった   カウンセリングできるプロにさせます。   そして独立支援もおこないます   本気の方はこころ和みのReborn Program を学んでさい。     特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398の23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:8:00~22:00

kidokumachigairl_TP_V
2016年12月14日

無料相談から始まる支援 メール・電話カウンセリング

私たちこころ和みは24時間体制で電話・メール相談を受け付けています。   こころのもやもやが出てくるのはいつも夜中になってから   気が付いたら2時、3時   インターネットで解決を探るがどうしようか迷いますよね   迷うのが当然です。どう伝えていいかもわからないですよね   思い立った時にご連絡ください。   できる限り最大限の支援をいたします。   先日ご連絡いただいた方は無料相談で解決の糸口を見つけました。   カウンセリングで本人の不安の軽減   必要に応じての認知行動療法   福祉のプロが必要な資源の提案   繋がることで一つの提案でも本人の助けになることを目的に支援いたします。   思い立ったその時   ご連絡ください。   無料相談 メール 電話 カウンセリングならこころ和み   特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398の23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:8:00~22:00