病気について

TAKEBE160224560I9A0437_TP_V
2017年03月01日

選択性(場面)緘黙症とケア

選択性緘黙症とは   DSM-5より □ 他の状況で話しているにもかかわらず、話すことが期待されている特定の社会的状況(学校など)において、話すことが一貫してでき ない □ その障害が学業上、職業上の成績、または対人コミュニケーションを妨げている。 □ その障害の持続期間は、少なくとも1ヶ月である。 □ 話すことができないことは、その社会的状況で要求されていることによるものではない。 □ その障害は、コミュニケーション症(小児期発症流暢症)ではうまく説明されず、また自閉症スペクトラム症、統合失調症、またはその他の精神障がいの経過中にのみ起こるものではない   統計によると約670人程度に一人発症するといわれているます。   約1学校に一人といった割合です。   本人は話をしなければいけないと思っているが話ができない   よくある症例として最初のコミュニケーションに話すことだできないとその後もできなくなってしまうことが多いといわれている。     ではどうやってケアすればいいのか   エクスポージャー(暴露療法) 段階的暴露療法を行うことが良いといえます。 場面で起きているコミュニティで本人と比較的話やすく、自宅など本人の安心できるフィールドで少しずつ慣れていくことからです。 少しずつ不安場面を明確にし段階的に慣れていくことになります。   環境的配慮も必要と考えます。 自宅では話すことができるので学校などではできないがプライベートでできるとこをみれれそれをまた学校などで言われることで改善が困難となっていきますので。   開示されたケアも必要になってくくると考えます。     特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398の23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:8:00~22:00

2016年12月14日

強迫性障害を改善するなら、全国からステイカウンセリング

全国からステイカウンセリング受け入れ   現在お一人様ご利用可能     強迫性障害とは 強い「不安」や「こだわり」によって日常に支障が出る病気 不安行動 「ドアに鍵をかけたかな?」と、不安になって家に戻ったという経験は多くの人がしていることでしょう。 儀式 ラッキーナンバーなどの縁起にこだわることもよくあることです。 確認 自分の体が汚染されていないか、電化製品のスイッチを切ったか、家の鍵をかけたか、旅行の行程が安全か確認します。 回避 心配なことを思い出させるものは回避します。特定の物に触る、ある場所へ行く、危険を冒したり、責任を引き受けることを避ける。 溜め込み 本人にとって必要かもしれませんが、無用で使い古されたものを溜め込みます。何も捨てることができません。 再保証 あなたは他人にすべてのことが大丈夫か繰り返し尋ねます。   その不安や儀式(こだわり)が度を超しているなと感じることはありませんか?   戸締まりを何度も何度もしつこく確認しても安心できない、特定の数字にこだわるあまり生活が不便になしている場合は「強迫性障害」かもしれません。 強迫性障害は不安障害の一種です。 代表的な行動として「手が汚染された」という強い不安にかきたてられて何時間も手を洗い続けたり、明らかに「やりすぎ」な行為をともないます。 病気だと気づかない患者さんも多い 国内では、どのくらいの割合で強迫性障害患者さんがいるのかはまだ完全には明らかになっていません。 日本の精神科外来では多くても4%前後との報告があるに過ぎません。ただしこれは、強迫性障害になっている人が少ないという意味ではなく、障害を性格の問題だととらえて受診せずにいる人や、精神科を受診することにためらいがあって、日常の不便を我慢している人がいるのではないかと考えられています。 治療すれば治すことができる病気 短期的に治療に取り組める療法が 暴露反応妨害法(ERP) 森田療法(あるがまま療法)   積極的に治療に取り組めば治ることも可能な病気となっています。   こころ和みでは 通いでのカウンセリングが困難 集中して短期的に改善を見込みたい方のために   全国からステイカウンセリング   カウンセラーが 医師との連携 ソーシャルスキルトレーニング 社会復帰支援 運動療法 日常生活動作訓練 などあらゆる心理療法をAllサポートいたします。   特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398の23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp…

TAKEBE160224560I9A0437_TP_V
2016年12月04日

全国からステイカウンセリング 強迫性障害1

全国で強迫性障害に悩む人へ   強迫性障害(OCD)といわれる症状はさまですが 例えば 〇 手洗いを長時間、複数回行ってしまう。 〇 汚れに異常に敏感 〇 車の運転で人をひいたに間違いないと繰り返いし現場に行く 〇 物を捨てられない いつか使うかもれない 〇 儀式:一定の行動 を行わないと悪いことが起きると思う   止めたいと思ってもやめることができない 不安になる 家族を振り回してしまう 本人は気づいていません。 家族は優しさと思っている行動が悪化させていることに気づいていますか?   やめたいですよね やめさせたいですよね   強迫性障害は病気です そして   改善します。   合併する病気もあるため適切にカウンセラー、医師と相談する必要があります。     わたしたち こころ和みでは ステイをして集中カウンセリングを行うことができます。   ・曝露反応妨害法で強迫行為の習慣を断ち切る SSRIや抗不安薬による薬物療法とともに、認知行動療法をおこないます。 認知行動療法では、強迫観念に関わる場面や対象に身をさらすエクスポージャーと、強迫行為を減らす「反応妨害」を組み合わせた、曝露反応妨害が主となります。 ・曝露反応妨害法(ERP)を短期間でおこなう集中治療プログラムもある 強迫性障害の治療では、2~3日間集中して曝露反応妨害法をおこない、その後は数回の面接で終了する、短期集中型治療プログラムも実施されています。 強迫行為がやめられないと、精神的につらいだけでなく、確認行為で会社に行けなくなるなど、経済的・社会的問題が起こります。なるべく早く治療したいという需要が多いため求められています。     安全な場所で 安心な人と 地域の医師との連携、24時間カウンセラーとの生活、心理療法、プログラムを短期的にそして集中的におこない改善を行います。   ひきこもりもそんな病気に疲弊し恐怖に耐え切れず自分の部屋が聖域となり抜け出せないこともあります。 まずは無料相談をご利用ください。   特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398の23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:8:00~22:00

$logo_alt
2016年06月10日

PTSD(心的外傷後ストレス障害) | 「こころ和み」

PTSD(心的外傷後ストレス障害)について   以下の3つの症状が、PTSDと診断するための基本的症状であり、これらの症状が、危うく死ぬまたは重症を負うような出来事の後、1ヶ月以上持続している場合にはPTSD、1ヶ月未満の場合にはASD(急性ストレス障害)と診断する(DSM-IV-TR)。 精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状。 トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向。 事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験(フラッシュバック) 患者が強い衝撃を受けると、精神機能はショック状態に陥り、パニックを起こす場合がある。そのため、その機能の一部を麻痺させることで一時的に現状に適応させようとする。そのため、事件前後の記憶の想起の回避・忘却する傾向、幸福感の喪失、感情鈍麻、物事に対する興味・関心の減退、建設的な未来像の喪失、身体性障害、身体運動性障害などが見られる。特に被虐待児には感情の麻痺などの症状が多く見られる。 精神の一部が麻痺したままでいると、精神統合性の問題から身体的、心理的に異常信号が発せられる。そのため、不安や頭痛・不眠・悪夢などの症状を引き起こす場合がある。とくに子供の場合は客観的な知識がないため、映像や感覚が取り込まれ、はっきり原因の分からない腹痛、頭痛、吐き気、悪夢が繰り返される。   治療法   精神療法の中で、有効性について最もよく研究されているのが、認知行動療法である。認知行動療法では、「恐れている状況への暴露」「身体感覚についての解釈の再構築」「呼吸法」などの訓練・練習が行われ、基本的には不安に振り回されず、不安から逃れず、不安に立ち向かう練習を行うことが最善とされている。 PTSDや脅迫性障害、統合失調症などにお悩みなら 対面、電話やメールといった心理カウンセリングの形態に関わらず、PTSD (心的外傷後ストレス障害)を判断するには、不安や不眠といった症状、その原因となったことに対する回避行動、フラッシュバックといった傾向が顕在化しているかどうかが大きな判断基準となります。 特に社会的な判断のできない子どもは感情が鈍くなったり麻痺したりといったことだけでなく、体調不良として現れてしまうケースも珍しくありません。PTSDや脅迫性障害、統合失調症などにお悩みでしたらこころ和みのカウンセリングを利用してみませんか?     特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398-23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:10:00~22:00

$logo_alt
2016年05月27日

鬱(うつ)病

近年、この言葉を知らないという人がいないというほどメジャーな病名になってきました。 では、このうつ病とはどういうものなのでしょうか。 よく言われることは「心が弱いからそうなるんだ。」「気持ちの持ちようで、そんなものは治る。」などですよね。 こういう言葉は、本当に心無い言葉だと、悲しくなるものです。 実際にうつ病であるにも関わらず、本人さえもそう思っていて、なかなか医師の元を受診しなかったり、心理カウンセリングに向かわなかったりする方も現在の日本には多いようです。 しかし、声を大にして言います。 うつ病は脳内のホルモンバランスがうまく機能できなくなってしまった状態です。 CTを撮ることでも、うつ病であるかどうかが目で分かる病院もあります。 ホルモンに限らず、脳内を司るあらゆる分野の機能低下などを引き起こしているのです。 これは、医学的にも解明されていることです。 鬱病は弱いからなるのではありません。人間なら誰しもかかる可能性のある病気です。決して恥ずかしいことではないので、隠さず医師またはカウンセラーに相談してください。 NHKでうつ病の治療についての特集をしておりました。とても、分かりやすく、うつ病の方の未来が明るくなるものなので、ぜひご覧になってください。 http://www.nhk.or.jp/special/onair/120212.html