ブログ

2016年06月10日

うつを患う大切な人に周りがしてあげられること

うつを患う大切な人に周りがしてあげられること うつ病は、患った本人はもちろん、周りの人たちも不安を抱えることが多い病気です。大切な人がうつ病で苦しむ時、側にいる私たちには何ができるのでしょうか。 病気に対する「本当の理解」 うつ病の方に何かしてあげたい気持ちは大切ですが、本人に対して何かしようとするよりも、まずは病気を理解してあげることが必要です。うつ病への理解は広まりつつありますが、情報の多さから“誤解”を招きやすい病気です。 「病は気から!」「気持ちを強く持てば治るから」など、思いつく考えでうつ病の方に接してしまうと、傷つける結果となってしまいます。原因が特定されにくい病気だからこそ、しっかり理解することがうつ病を患ってしまった方の苦しみを理解することに繋がり、適切な接し方ができるようになるでしょう。 日常生活のサポート うつ病を患った方にとって、周囲のサポートは不可欠です。 しかし“何でもやってあげる”ということではありません。うつ病の方が普通の生活が送れるよう、サポートします。サポートに関し大切なことは、「周囲ががんばりすぎない」「自分の生活も大切にする」です。 うつ病の方をサポートするにあたり自分の生活を犠牲にしてしまうと、どこかでうつ病の方を責めてしまう気持ちが生まれてしまいます。がんばりすぎず、ありのままを受け入れるようにすることで、うつ病の方に対しても自然と良いサポートが行えるでしょう。 専門機関の受診を提案 うつには専門機関の心理カウンセリングや、病院での受診をおすすめいたします。うつ病になってしまった本質の部分を確認しそれを克服することにも繋がりますし、専門的な意見を聞くことで「自分は大丈夫」と安心感が持てるようになるでしょう。 引きこもってしまうと、その人の中の思考が堂々巡りになってしまい、どんどんマイナスの思考になってしまいがちです。前を向くきっかけにもなると思いますので、一度提案されてみてはいかがでしょうか。ただこの時に、強制的にならないように気をつけましょう。 ご家族や大切な方がうつ病になってしまい心理カウンセリングを受けさせたいという方、こころ和みの心理カウンセリングをご利用ください。こころ和みでは、様々な不安に悩まされている方、脅迫性障害・統合失調症・PTSD・不登校などにお悩みの方の心理カウンセリングを、お電話・対面・メールにて承ります。 (メールカウンセリングは対面または電話カウンセリング終了後の方限定です。) うつ病を患うご本人様の心理カウンセリングはもちろん、それを支える方の心理カウンセリングも行っておりますので、悩みは一人で抱え込まずに、まずはこころ和みまでお気軽にご連絡ください。     特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398-23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:10:00~22:00

2016年06月10日

うつ病の人にとって好ましくない言葉とは?

うつ病の人にとって好ましくない言葉とは? うつ病は、原因を1つに特定できない複雑で“身近な”心の病気です。親切でかけた言葉1つで相手を死の淵に追い込んでしまう危険性さえあります。心理カウンセリングでは、うつ病に悩む方からの相談を受けつけているのですが、周りで支える方々の利用も可能です。 うつ病に悩む方の心の状態を把握しましょう うつ病の発症は、責任感が強くて真面目な性格の方に多いと言われています。真面目な性格がゆえ、うつ病を発症した初期段階でどんどん自分を責め、ひとりで殻に閉じこもってしまうため発見が遅れてしまうということもあります。サポートする側の気持ちを上手に伝えるためにも、心の状態を把握してあげる気持ちが大切です。 こんな言葉に気をつけましょう やりたくてもできない、行動したくても行動に移せない。そんな一時的な心の障害を患っている方への語りかけをする際には、慎重に言葉を選ぶことが望ましいでしょう。 励ましの言葉 意外に思えるかもしれませんが、うつ病に悩む方は励ましの言葉を嫌う傾向があります。「頑張って」という励ましの言葉は、逆を返せば“現状頑張っていない”と捉えられてしまうことがあるため、相手を追い込んでしまう可能性もありますので避けるべきでしょう。 軽い言葉 人によって症状の重さが異なってくるのですが、外見からでは判断することはできません。職場では明るく振る舞っている同僚も、もしかしたらうつと躁うつの繰り返しに悩まされている可能性もあります。そんな中、「すぐ治る」などの軽い言葉かけは、逆に自分のことを全く理解していない無責任な発言という誤解を受けやすいです。 感情的な言葉 うつ病の特徴の1つでもある無気力な態度は、周囲とのトラブルを起こしてしまう可能性があります。そんな時、周囲にいる方はできる限り感情的な言葉を使ってはいけません。特に怒鳴りつけるような物言いは、うつに悩まされている方にとっては、さらに追い打ちをかけるようなものです。周囲のサポートが必要だからこそ、イライラするような行動を見かけた時、湧き上がる感情をこらえて深呼吸することが大切です。 こころ和みでは、電話やメールオンラインによる心理カウンセリングを受けつけております。うつ病、脅迫性障害、統合失調症、PTSDや不登校など、心の奥に潜む不安や悩みは、心理カウンセリングを通し開放しながら一緒に解決の糸口を探すことが可能です。まずはお問い合わせください。100種類ある療法の中から、大切な方にぴったりの方法をご提案いたします。     特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398-23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:10:00~22:00

2016年06月10日

統合失調症の経過について

統合失調症の経過について ストレス社会とも呼ばれる現代において、不安やうつなどで統合失調症を患ってしまう方が年々増加傾向にあります。医師の処方・指導のもと行われる薬物療法や心理社会的療法、また心理カウンセリングを受けるなどで改善を図っていく必要があります。統合失調症が回復へと向かっていくには、4段階の過程があります。 前兆期(前駆期) 病気の前触れのような、様々な症状が現れてきます。不安や焦りの気持ちが強くなったり、何となくやる気がなくなるなど、本人もなぜこんな気持ちになってしまうのか分からずにストレスが蓄積するばかりです。しかしながら、このようなことはたくさんの方が経験をしているものですので、本人も周りも気づかないうち悪化してしまうケースもあります。 急性期 前兆期のあとは、急性期へと段階が進みます。極度に不安や焦りの気持ちが強まり、幻覚や幻聴がして頭のなかが混乱するなど、周りから見ても明らかにおかしな行動、言動が現れてきます。 さらに昼夜逆転の生活になる、食欲がなくなって激やせするなど日常生活を送ることもできなくなってしまい、入院治療を余儀なくされるケースも少なくありません。 消耗期(休息期) 消耗期へと段階が進むと心身が疲れきってしまい、無気力となって何もする気がなくなってしまいます。いつも寝ていたり引きこもったりと、怠惰にしか見えないかもしれませんが、本人のペースでゆっくりと休息させてあげてください。また、ちょっとしたことで急性期へと逆戻りしやすい時期でもあります。ご家族の温かく見守る気持ちが大切です。 回復期 十分に休息をとったあとは、「回復期」へと段階が進みます。何かに取り組みたい、社会との関わりを持ちたいなどの意欲が徐々に現れてくる時期です。ゆっくりペースではありますが、着実に回復へと向かい、社会復帰が可能となっていくでしょう。 根気よく焦らず見守っていきましょう。この時期には、デイケアや作業所などに参加させるのも良いです。 山口で心理カウンセリングをお探しの方は、こころ和みをご利用ください。統合失調症やうつのほか、脅迫性障害、PTSD、不登校などあらゆる悩みのご相談を承っています。対面だけでなく、電話相談も可能です。人の目線が苦手な方も、電話相談ならお話ししやすいのではないでしょうか。その他、メールやネットを使った心理カウンセリングの方法もあります。まずはお気軽に問い合わせください。     特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398-23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:10:00~22:00

$logo_alt
2016年06月10日

PTSD(心的外傷後ストレス障害) | 「こころ和み」

PTSD(心的外傷後ストレス障害)について   以下の3つの症状が、PTSDと診断するための基本的症状であり、これらの症状が、危うく死ぬまたは重症を負うような出来事の後、1ヶ月以上持続している場合にはPTSD、1ヶ月未満の場合にはASD(急性ストレス障害)と診断する(DSM-IV-TR)。 精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状。 トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向。 事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験(フラッシュバック) 患者が強い衝撃を受けると、精神機能はショック状態に陥り、パニックを起こす場合がある。そのため、その機能の一部を麻痺させることで一時的に現状に適応させようとする。そのため、事件前後の記憶の想起の回避・忘却する傾向、幸福感の喪失、感情鈍麻、物事に対する興味・関心の減退、建設的な未来像の喪失、身体性障害、身体運動性障害などが見られる。特に被虐待児には感情の麻痺などの症状が多く見られる。 精神の一部が麻痺したままでいると、精神統合性の問題から身体的、心理的に異常信号が発せられる。そのため、不安や頭痛・不眠・悪夢などの症状を引き起こす場合がある。とくに子供の場合は客観的な知識がないため、映像や感覚が取り込まれ、はっきり原因の分からない腹痛、頭痛、吐き気、悪夢が繰り返される。   治療法   精神療法の中で、有効性について最もよく研究されているのが、認知行動療法である。認知行動療法では、「恐れている状況への暴露」「身体感覚についての解釈の再構築」「呼吸法」などの訓練・練習が行われ、基本的には不安に振り回されず、不安から逃れず、不安に立ち向かう練習を行うことが最善とされている。 PTSDや脅迫性障害、統合失調症などにお悩みなら 対面、電話やメールといった心理カウンセリングの形態に関わらず、PTSD (心的外傷後ストレス障害)を判断するには、不安や不眠といった症状、その原因となったことに対する回避行動、フラッシュバックといった傾向が顕在化しているかどうかが大きな判断基準となります。 特に社会的な判断のできない子どもは感情が鈍くなったり麻痺したりといったことだけでなく、体調不良として現れてしまうケースも珍しくありません。PTSDや脅迫性障害、統合失調症などにお悩みでしたらこころ和みのカウンセリングを利用してみませんか?     特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398-23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:10:00~22:00

$logo_alt
2016年06月10日

PTSD(心的外傷後ストレス障害) | 「こころ和み」

PTSD(心的外傷後ストレス障害)について   以下の3つの症状が、PTSDと診断するための基本的症状であり、これらの症状が、危うく死ぬまたは重症を負うような出来事の後、1ヶ月以上持続している場合にはPTSD、1ヶ月未満の場合にはASD(急性ストレス障害)と診断する(DSM-IV-TR)。 精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状。 トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向。 事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験(フラッシュバック) 患者が強い衝撃を受けると、精神機能はショック状態に陥り、パニックを起こす場合がある。そのため、その機能の一部を麻痺させることで一時的に現状に適応させようとする。そのため、事件前後の記憶の想起の回避・忘却する傾向、幸福感の喪失、感情鈍麻、物事に対する興味・関心の減退、建設的な未来像の喪失、身体性障害、身体運動性障害などが見られる。特に被虐待児には感情の麻痺などの症状が多く見られる。 精神の一部が麻痺したままでいると、精神統合性の問題から身体的、心理的に異常信号が発せられる。そのため、不安や頭痛・不眠・悪夢などの症状を引き起こす場合がある。とくに子供の場合は客観的な知識がないため、映像や感覚が取り込まれ、はっきり原因の分からない腹痛、頭痛、吐き気、悪夢が繰り返される。   治療法   精神療法の中で、有効性について最もよく研究されているのが、認知行動療法である。認知行動療法では、「恐れている状況への暴露」「身体感覚についての解釈の再構築」「呼吸法」などの訓練・練習が行われ、基本的には不安に振り回されず、不安から逃れず、不安に立ち向かう練習を行うことが最善とされている。 PTSDや脅迫性障害、統合失調症などにお悩みなら 対面、電話やメールといった心理カウンセリングの形態に関わらず、PTSD (心的外傷後ストレス障害)を判断するには、不安や不眠といった症状、その原因となったことに対する回避行動、フラッシュバックといった傾向が顕在化しているかどうかが大きな判断基準となります。 特に社会的な判断のできない子どもは感情が鈍くなったり麻痺したりといったことだけでなく、体調不良として現れてしまうケースも珍しくありません。PTSDや脅迫性障害、統合失調症などにお悩みでしたらこころ和みのカウンセリングを利用してみませんか?     特定非営利活動法人 こころ和み 〒757-0002 山口県 山陽小野田市 郡 398-23 電話番号:0836-43-9463 メールアドレス: shinri@kokoro-nagomi.jp 営業時間:10:00~22:00